上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠中を振り返る。

みなさんはよだれつわりという言葉をご存知だろうか?

このつわりを体験した嫁さん。
妊娠8週目頃から急に唾液の量が多くなり頻繁に吐くようになった。
出る間隔も半端じゃない位で、数十秒に一回という感じ。
自分の唾液とはいえ、とても飲み込める状態ではないようだった。

唾液を吐くとノドの奥(食道?)のあたりが乾燥するようで
直後に水分をとらないと苦しいと言って
1日にお茶を4リットルは飲んでいた。妊娠中はカフェインはだめらしく、
ノンカフェインの十六茶を買いだめし
吐いては飲む、吐いては飲む。それが24時間毎日ずっと続くのです。
水分のとりすぎで顔と体中がむくみ別人のようだった。

一般的な吐きつわりと重なった時は本当に辛そうだった。
安定期頃になればつわりとともに落ち着くだろうと病院側も言っていたが
唾液の量は治まることはなかった。

いろいろネットで調べてみると同じように苦しみながらも
頑張っている人がいることを知った。
つわりが終わる時期と同時になくなる人もいれば、
出産まで続く人もいるらしくさまざまだった。
大学病院に相談も行ったがそんなつわり聞いた事が無いという。
全く話にならない。少ないとはいえ実際に経験している妊婦がいるのだから
せめて産科医なら知っていてほしいと思った。

結局臨月まで続き出産時はどうしようと相談もした。
病院側は気にせずにどんどん吐きっぱなしで構いませんよと
優しく気遣ってくれて、ずっと口元にトレーみたいなものを
備えてくれていたそうだ。

無事に出産したものの唾液はしばらく止まらず
退院したらもう一度病院に行こうと言っていたら
5日めに自然にピタッととまった。出産の瞬間と同じ位の喜びだったと言う。

俺もどの程度か30秒に一度位で唾液を吐きつづけてみたが、
とてもじゃない。そうとうきつかっただろう。
ほんの数%のかなり低い確率のつわりにあたった嫁さん。
産めば本当に止まるのか、怖い怖いと言っていた。
通常のつわりなど、どうでもいい。唾液さえ止まってくれればと
本当に口癖のように言っていたのを思い出す。
妊娠するまでが大変だっただけに、せめて妊婦生活くらいは楽しく
過ごさせてあげたかったというか、ここまでするかと正直思った。

妊娠中はほとんど外出する事も辛くて出来なかった。

今はその時のことを笑って話しているが、十六茶だけは
二度と飲まないと言っている。

もし同じような症状で辛い思いをしている方がいれば、
産むまでの辛抱です。必ず止まります。
頑張ってください!

DSCF9922_convert_20100704132511.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
入院準備を済ませ本日とうとう入院です。
振り返れば本当に長い道のりだった。

出産まで色々と振り返るつもりだったが予定よりも
半月ほどはやめの出産になった為、慌てております。

数々の書類も本日提出した。その中に変わった書類が1通。
それは帝王切開の人に病院側からのお願いの書類だった。
話を伺うと術後に娩出した胎盤内に残る胎児血の一部を提供してほしいとの事。
これから先、出産される方に培養液の調整に用いるらしい。

そうゆう事ならと喜んでサインをした。

あすの出産まで数々の点滴を打ったりと大変ですけど頑張って下さい、
と病院がわからの激励の言葉。
何も出来ない俺はただ横でうなずくだけだった。

手術のときに間違えてお腹の赤ちゃんまで切らないで下さいね
と一応言っといた。冗談風にですが。失礼な話です。

12年の長い時間、本当に長かった。
知人達の赤ちゃんも我が子の為に抱っこするのを我慢し、人生
初めての赤ちゃんの抱っこをする時を明日迎えます。

それと絶対にやると決めていた事が。大した事ではないのですが
4月2日の新聞を購入するのです。
毎年誕生日に新聞を購入して、あの年の誕生日はああいう出来事があった。
などと振り返るんです。ただそれだけなんですが。

明日は泣くかな~。俺!絶対泣くちゃないかいな(博多弁)

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村参加中
本日37w2d!熱は下がりあとは喉の痛みとの戦い!

      と、思いきや
    一難さってまた一難です

血圧が急に上がってしまい、4月19日が出産予定だが、
急遽、帝王切開での出産をと先生に聞かされた。
 
先生いわく、母子の体の事を第一に考えた結果の判断との事。

色々な書類にサインをしなくてはいけない。
色々な説明も聞かなければいけない。
そしてびっくりした事が手術は縦切り横切りどっちにするね?
横切りがあったなんてしらんよって話。
跡が目立たないとの事で横切りでお願いしたのだが。

妊娠から今までは本当に順調だったのだが、最後の最後で
なんとも言葉もでない。悔やんでも仕方がない。

本当に大変な決断です。
元気に生まれてくれるなら別に構わない。
と嫁は言う。その言葉、本心ととらえてよいものか?


結果、明日の午後2時に入院です。
出産にむけて色々な検査をするみたいです。

そして、明後日の4月2日帝王切開で出産決定です!

嫁は前向きにこう言った
一日も早く親の顔が見たいのでしょう!
一日も早く私達に抱っこされたいのでしょう!
一日も早く妊婦の辛さから解放してくれるのでしょう!

となんでも前向きに考えないかんよ(博多弁)
母親は強し。って感じです。

もうご対面になるとは、嬉しいやら悲しいやら…

がんばるしかありません。

↓参加中↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
福岡は、ほぼ桜が満開で休日の今日は花見日和。

近くの公園に桜でも見に行きたい所ですが、
先週から私が風邪の調子が悪く嫁さんに、
うつらないように注意していたのですが残念な結果に。

ここまで気をつけていたのですが、おとといからダウン!

熱が37度6分まで上がり、喉の痛みと悪戦苦闘!
病院に電話で確認した所内科を受診して、
薬を処方しても構いませんよ。との回答。

不安が大きいので自力で治すという。
今日の朝の段階で37度と多少は落ち着いたものの。

明日までこのまま様子を見てみると言う。

午後からかなり暖かくなり、気分転換で庭にでてみた。
最近おろそかになっていたガーデニング。
どんどん草花達が芽を出していた。
DSC_0008_convert_20100328215329.jpg DSC_0006_convert_20100328215247.jpg
          ブルーベリーとジューンベリー   

桜はないが立派に花を咲かせていたチューリップで
コーヒー牛乳を飲みながらの花見となった。
DSC_0004_convert_20100328215417.jpg


猫も日向ぼっこ。といってもスズメを眺めているばかり。
DSC_0010_convert_20100328215458.jpg

臨月に突入します。慎重に残りわずかを過ごします。

↓参加中です↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村
本日一週間ぶりの検診日。
とうとう臨月一歩手前までたどりついた。
先生からここまでくればほぼ大丈夫ですよとの事!

という事で今までを振返って行こうと思う。


結婚して12年、不妊治療開始から8年。
振り返っても数え切れない程数々の治療との戦いでした!
     (本当に分からなくなっていた)

4年前に一度妊娠し、わずか2ヶ月で流産したときは
喜びからあっという間に悲しみに追い込まれる。こんな事なら
治療を断念し、二人だけの生活もありじゃないかと思う事もあった。

しかしあの時、妊娠検査薬の陽性反応のマークが出た時の喜びは言葉に
表されないほどのものだった。

それからさらに四年。あの時の喜びを求めて…
本当に長い道のりだったが断念しなくて
本当に良かったと心から思う。

と言っても俺が何をした訳でもないのですが…

一つ褒めるとすれば8年前の治療開始から現在36週目の検診まで
すべての病院には付き添った。当たり前のことかもしれないが、
男は仕事をしながらなんで結構大変なんです。


あと数週間でようやくゴールが見えてきた。そして
新たな家族とのスタートが始まります。

↓参加中↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。